スポンサード リンク

家の売却

HOME

ハウスクリーニング

仲介手数料

登記費用

印紙税

住宅ローン

事務手数料

SITEMAP

家を売却するときに知っておきたい費用のこと

家の売却の諸費用

事務手数料

家を売却すると様々な費用がかかります。
費用のことを事務手数料と言います。

事務手数料の項目には家を売却した時の価格によって
計算されるものもあります。

家の売却価格が2000万円だと100万程度かかります。
機関によって差があります。

事務手数料は不動産に仲介してもらったことによる
仲介手数料が発生します。
無料の会社も存在します。

法律

売却価格を基準に計算します。
法律によって上限が決められています。
上限で請求しているところが多いです。

売買契約が成立したときに必要な印紙税が必要になります。

売価によって区分があります。ローンが残っていれば
一括返済しなければなりません。

返済期間が10年以内になる場合は繰り上げ返済手数料がかかります。

家を売却した時に収入がはいります。
収入があれば課税対象となります。所得税のことです。

所得税には10種類あり土地や建物、高価な美術品や
株式等を売却した時に得る収入のことを譲渡所得といいます。

譲度所得の計算は売価を基準にして段階を踏んで計算されます。
1月1日現在の所有で5年超えるか超えないの節目に
短期譲度と長期譲渡に分けられます。

通常の所得は他の所得と合算できますか譲渡所得は
分離課税といわれて他の所得とは別枠になります。

課税

譲渡所得の計算方法は総収入から売却にかかった
費用等を差し引いた額になります。

譲渡所得の金額から税率をかけて税額の計算が決定されます。
税率には所得税と住民税があります。

短期譲渡と長期譲渡では税率が長期譲度の方が
低い設定となっています。