スポンサード リンク

中野の賃貸

HOME

仲介手数料

登記費用

印紙税

住宅ローン

事務手数料

SITEMAP

家を売却するときに知っておきたい費用のこと

家の売却の諸費用

印紙税

家を売却した際は様々な費用が掛かりますが、特に税金関係は注意して確認する必要があります。

その中でも印紙税は、売却額によって納付額が異なる上、場合によっては不要となるケースもあります。

印紙

家の売却する場合、買主と売買契約書を締結しますが、その売買契約書は課税文書に該当する為、印紙を貼付し消印して納付しなければいけません。

必要な印紙額は、売買契約書に記載された家の売却額によって区分されており、例えばそれが500万円超1000万円以下までは1万円、5000万円以下までは2万円、1億円以下までは6万円と、段階的に増加する仕組みになっています。

なお、家の売却に関する売買契約書で平成30年3月31日までに作成される物については、軽減税率が適用され1億円以下までの区分については半分の金額となります。

そして印紙は作成した売買契約書ごとに必要となるため、売主と買主の双方が売買契約書を保管する場合はそれぞれに貼付しますが、売主は売買契約書を使用する機会がほとんどない為、契約書のコピーを保管する事にすれば課税文書に該当せず印紙税を節約する事ができます。

契約書

その場合は、契約書内に【売主は契約書の写しを保管する】旨の文言を入れる事を忘れないようにしましょう。また、個人がマイホーム等を売却し、それに係る金銭を受領した時に発行する領収証は、営業に関しない受取書に該当する為、印紙を貼付する必要はありません。

間違えて高額な印紙を貼付しないように注意して下さい。

 

sponsored link