スポンサード リンク

中野の賃貸

HOME

仲介手数料

登記費用

印紙税

住宅ローン

事務手数料

SITEMAP

家を売却するときに知っておきたい費用のこと

家の売却の諸費用

仲介手数料

所有している家を売ろうとする際には、仲介手数料を費用として仲介業者へ支払う必要があります。

この金額は売りたい家の価格によって異なります。200万円以下の場合は売却価格の5パーセントと税金、200万円超400万円以下の場合には、売却価格の4パーセント+2万円に税金、400万円超えの場合には、売却価格の3パーセント+6万円と税金がかかります。

仲介

しかしながら、これは上限でかかる費用ですので仲介業者に相談することにより、仲介手数料を下げることができる場合もあります。

値引きを成功させるには仲介業者と専属専任契約を結ぶことです。専属専任契約というのは、家の売却を専属専任契約を結んだ仲介業者だけにお願いするという契約です。

専属専任契約を締結することにより、他の業者に依頼されるという心配がなくなり、やる気を出すだけではなく手数料の値引きの交渉にも応じてくれるようになります。

また、今では家の買主から手数料をもらうということで、家の売主からは手数料を半額だけ取る、または全く費用を取らないという仲介業者も増えてきています。

このような手数料を値引きしてくれる業者を探しあるくのは非常に時間と労力が必要になってしまいます。

手数料

インターネットでは、家をいくらで売ることができるか、また仲介手数料がいくらかかり手元にいくら残るかという見積もりを一括で取ってくれるサイトもあります。

このようなサイトを上手く利用し、お得に家を売却しましょう。

 

sponsored link