スポンサード リンク

中野の賃貸

HOME

仲介手数料

登記費用

印紙税

住宅ローン

事務手数料

SITEMAP

家を売却するときに知っておきたい費用のこと

家の売却の諸費用

登記費用

不動産を売却するときには、不動産の所有権が移転することになるため、自分自身の名義から買い手の名義に変更する登記が必要です。

抵当

この家を売却する際に行われる登記には、所有権移転登記と抵当権抹消登記があります。

所有権移転登記の費用は本来売り主と買い主で半分ずつ負担することになっているのですが、商習慣として買い主が全額負担しています。ですので、家を売却する際にかかる登記費用は抵当権の抹消に対して発生する費用のみとなります。

家に抵当権が設定されていない場合は登記費用は発生しません。売却する家を担保に借り入れを行っている場合は、借り入れをした金融機関が物件に抵当権を設定しています。

抵当権がついたままでは売却できないので、借入れをしているお金を全額返済してこの抵当権を抹消します。

この抵当権の抹消には抵当権抹消登記の登録免許税と司法書士手数料が必要になります。登録免許税とは、登記簿謄本の変更を行うときに国に納める税金のことで手数料のようなものです。

登記簿

一方司法書士手数料は、登記簿謄本の変更に伴う書類の作成や手続きなどを司法書士に依頼するときにかかる費用のことです。

自分自身で登記簿の変更を行うこともできますが、専門的な知識を要するものなので一般的に司法書士に依頼する方がほとんどです。

抵当権抹消登記の登録免許税は不動産1個につき1000円、司法書士手数料は約15000円ほどです。

この登記費用は登記の変更手続きのときに法務局に納めます。司法書士に依頼する場合は、登録免許税と司法書士手数料をまとめて支払う形になります。

 

sponsored link